口臭発生の原因を突き止めて、適した口臭の治療方法を見つける方法

女性友達

物事には、必ず原因があります。原因があるから、結果が生じます。

原因と結果を英訳すると、”Cause and Effect”。この”Cause and Effect”という言葉は、かつての映画、マトリックス/Matrixのワンシーンで俳優が呟いたセリフです。

“Cause and Effect”は、管理人が好きな言葉の一つです。

口臭が発生するからには、必ず原因があります。原因が見つかれば、それに対して対策を考えていけばいいのではないでしょうか。

口臭の原因

口臭が発生する原因は一つだけではありません。

鏡に映した自分の口内を観察して、口臭の原因を探ってみましょう。そして、自分だけでは口臭の原因が分からない場合、歯科医院で検診を受けることが大切です。

歯科医院で検診を受けて、特に口内に異常が見つからない場合、何らかの疾患が関係しているかもしれません。

【1】口内の汚れ(舌苔を含む)

【2】虫歯

【3】歯が欠けている

【4】入れ歯の汚れ

【5】歯肉炎、歯周病

【6】歯列矯正装置の汚れ

【7】耳鼻咽喉関係や体の疾患

口臭の治療

口臭の治療は、自分で予防、対応できる事とできない事があります。口臭は人任せでは治りませんから、自分でできることは自分で対応していきます。

【1】毎日の正しいブラッシング(自分でできる)

歯のブラッシングは、どうしても自己流になりがちです。正しいブラッシング方法を学んで、実践してみることが大切です。毎日、意識的に実践することで、徐々に自分の手が自動的に正しくブラッシングしてくれるようになります。

次に、舌苔(ぜったい)が口臭の原因になっている場合があります。なお、過度な舌苔のクリーニングは口内の善玉菌を減らしてしまうこともあるようですから、舌のお手入れは週に1回ほどにした方がよさそうです。

[関連記事]

口臭対策の基本はブラッシング。口臭タブレットやチューインガム、マウスウォッシュは一時的に香料で口臭を抑える製品。歯や口内の汚れは確実に口臭の原因となりますから、順番としてはブラッシングが基本です。正しい歯磨きをYouTube動画で確認できます。

【2】虫歯の治療(専門医で治療)

虫歯をそのままにすると、口臭が強くなります。これは歯科医院で治療が必要です。

【3】欠けた歯の治療(専門医で治療)

欠けた歯に汚れが入り込んで、口臭が強くなります。これも、歯科医院で治療が必要です。

【4】入れ歯の手入れ(自分でできる)

入れ歯が汚れていると、口臭が強くなります。入れ歯の洗浄剤を使用して、常に清潔さを保ちたいものです。

【5】歯肉炎、歯周病の治療(専門医で治療)

歯肉炎を放置していると、やがて歯周病に進行していきます。これも、歯科医院で治療が必要です。

【6】歯列矯正装置の手入れ(自分でできる)

歯列矯正中、装置に食べ物のカスが付きやすくなります。歯ブラシと歯間ブラシで丁寧に汚れを落とします。

[関連記事]

歯磨き後、口に食べ物や飲み物を入れると味がおかしく感じませんか?これは、歯磨き粉に含まれている成分が原因で、舌の味蕾細胞が破壊されてしまうからです。毎日の歯磨きで、味覚障害も心配。そこで、口臭や歯周病のための安心な歯磨き粉はこちら。

【7】耳鼻咽喉関係や体の疾患を治療(専門医で治療)

口臭が気になっても、口内に特に異常が見られない場合、耳鼻咽喉関係や体の疾患が関係している可能性があります。医療機関で検査を受けることで、原因が見つかるかもしれません。

【8】口臭専門医での治療(専門医で治療)

自分でどうしていいか分からず、口臭の悩みを抱えている場合、口臭外来で専門医のカウンセリングと治療を受けることができます。

[関連記事]

口臭の原因は1つだけではありません。東京都渋谷区の口臭外来バイオクリニック東京は口臭治療専門の歯医者。ビルの看板に口臭の文字は一切無し。平日は20:00まで診察。悩んでいないで、まずは無料の口臭測定、無料カウンセリングの予約はこちら。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク